女性の悩みPMSを治す|症状がつらい場合は我慢せずに治療

ペア

生理前の不調を改善

頭痛

身体も心も影響を受ける

生理の2週間ほど前から腰やお腹の痛み、頭痛や過食、便秘といった身体の症状と、イライラやわけもないのに泣いたり落ち込んだりしてしまったり、家族や恋人に八つ当たりをしてしまったりという精神的な症状が出ることをPMSと言います。軽症のものを含めると女性の80%異常の人PMSを経験したr悩んでいるいると言われているほどのものです。漢方や食事の内容を変える、精神的なストレスを改善してリラックスする、サプリメントを利用するなどPMSの症状を改善するための方法はたくさんあります。その中に避妊薬でもある低用量ピルを服用することでPMSを改善する方法があります。避妊薬と同様の効果で女性ホルモンのバランスを整えてPMSの症状を改善につなげてくれるのです。

低用量ピルって何

低用量ピルには女性ホルモンが含まれています。PMSの原因は女性ホルモンの分泌量が変動してしまったためと言われており、低用量ピルは服用して女性ホルモンの分泌量をコントロールすることで体内を妊娠しているのと同じような状態にし、女性ホルモンの急激な分泌量の変化を起こさないようにする薬です。そのため低用量ピルを服用しだしてからPMSの症状が軽減されたり、生理の時の経血量が減る、生理痛が軽減されたという人が多くいるのです。しかし、日本でPMSに低用量ピルを使用する場合には健康保険を利用することが出来ません。全額自費負担となってしまい、診察代と低用量ピルの代金で3000円〜5000円程度かかってしまいます。