女性の悩みPMSを治す|症状がつらい場合は我慢せずに治療

ペア

更年期の対処法

シニア

食生活も関係しています

年齢のサイクルが切り替わる時には、更年期障害と呼ばれる独特の症状が現れます。人によっては、生活にも支障をきたすほど重大な影響を与えるのが更年期障害です。医療機関ではホルモン剤などの薬で治療を行ないます。この更年期障害は、日頃の生活スタイルによって症状の程度が変わってくるのが常です。食生活などが乱れがちな方は、自然更年期障害も重くなる傾向があります。現在の食生活で摂取量が増えている加工食品や菓子類には、少なからずトランス脂肪酸と呼ばれる物質が含まれています。このトランス脂肪酸は、時にホルモンバランスにも影響を与えてしまうことが問題です。従って、日頃からインスタント食品を多く利用している方は更年期障害の症状に特に注意が必要となります。

栄養素を工夫します

更年期障害は、主にホルモンバランスが崩れることで引き起こされます。こういったホルモンバランスは、摂取する栄養素を工夫することで整えることが可能です。食品によっては薬と大差のない効果が得られるのが大きな魅力となっています。更年期障害に特に効果的とされる成分の代表が、イソフラボンです。イソフラボンは、大豆製品などを意識してとることで摂取することが出来ます。量を調節することによって、ホルモン薬と似たような作用が期待出来るのが特徴です。豆類やきな粉といった食品には食物繊維が含まれており、便秘の改善にも効果的となります。薬に頼りたくない方は、このような食品を利用してホルモンバランスを整えていくことが一つの方法です。